• 食品業界向けライブラリ
  • 異物混入対策(防虫対策)

昨今の防虫対策

昨今の防虫対策 ~安全性の高い防虫対策へ~

  • 昨今、食品業界における防虫対策は、様々な観点からより安全性の高い対策が求められています。

HACCPの見地から

  • 異物混入事故防止の点で、虫の対策は重要な項目となっています。一方で、薬剤の使用をできるだけ避ける事は、HACCPの中の一般衛生管理事項(PP、GMP)として、重要な管理項目とされています。

ポジティブリスト制度

  • 平成18年5月29日から、食品衛生法により、「すべての食品」に対し、「すべての農薬等」(殺虫剤の成分も含まれる)の残留が認められなくなり、基準を超える農産物・食品は流通禁止となりました。
    *但し、厚生労働省が、人の健康を損なうおそれがないという事が明らかであると認めたリストに掲載した65種類の物質のみが例外です。(ポジティブリスト)
     
    これにより、食品工場内でも殺虫剤の見直しや使用を控える傾向があり、それに替わる防虫対策(設備・機器類)を強化する企業が増えてきています。

有機JAS

  • 有機JAS規格とは、「有機」と製品に表示するために義務付けられた基準です。近年の食の安全志向により、有機JAS認定を取る企業が増えてくるものと想定されます。
    加工品において、有機JAS認定を取るためには、食品工場内の殺虫剤使用も控えなくてはなりません。ここでも捕虫器など、設備類の需要が高まっています。
ミドリ安全では、異物混入対策(防虫対策)商品を幅広くラインナップしております。
お客様の職場環境に合わせてご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
ミドリ安全.com食品版 商品・サービスのご相談・お問合せ
  • <ミドリ安全.com>食品版
  • HACCP相談室
  • おすすめ商品情報